開発者証明書の取得方法(ACS発行者ID無し版)

開発者証明書(DevCert)はSymbianOSv9以降で導入されたケイパビリティに、テスト時に実機上で対応するために必要なものです。半年という制限はあるものの、10種のケイパビリティ*1に対応しています。ACS発行者ID(有償)を取得すればさらに3種のケイパビリティ*2に対応することができます。あと1つのACS発行者IDで20デバイス(IMEI)まで開発者証明書を割り振ることができます。なお、残念ながら残りの7種のコア(セキュリティ的にもレベルが高い)ケイパビリティ*3は携帯電話メーカーの許可が必要で、おそらく個人レベルでは取得することができません。


SymbianOSv9以降のアプリを開発する人や、おそらく今後増えるであろう「SISは公開するけど、自分で認証を付加してね」的なアプリではこの開発者証明書が必要になってくると思われますので以下に開発者証明書の取得方法をまとめておきます。なおこれらはUIQもSシリーズも関係ありません。ただし(特に国内向け)端末によってはこの開発者証明書を付加したアプリをインストールできなくなっているものもあるので悪しからず。


以下は開発者証明書の取得方法。各ファイル名は任意なので好きに付けてください。

  1. プライベートキー(mykey.key)とプライベート証明書(mycer.cer)を用意する(DevCertRequestToolでプライベートキーで自動生成できるのでこの操作は不要→2から開始してOK。)
    1. makekeysを使用するためにUIQ3SDKをインストールする。ダウンロードにはログインが必要なので画面右の「Register」でアカウントを登録する。
    2. SDKがインストールできたらコマンドプロンプトから「makekeys -cert -password (パスワード) -dname "CN=(名前) OU=Development OR=(会社名) CO=JP mykey.key mycert.cer"」と入力する。
    3. ランダム値が欲しいと言われるので「random data collected.」と表示されるまでキーを適当に連打する。
    4. 入力が終わるとプライベートキー(mykey.key)とプライベート証明書(mycer.cer)とランダムデータ(.rnd)が生成される。(ちなみにプライベートキー以外は今後使用しない。)
  2. 開発者証明書申請書(P990i.csr)を用意する。
    1. SymbianSigned*4から「DevCertRequestTool」をダウンロードする。 画面左側の「Developer Certificates」の下の方にある「In order to obtain a Symbian Developer Certificate, a tool called DevCertRequest must be used. You can download it here」からダウンロードできる。(もしくはトップ画面に最新版の案内がある。)
    2. ダウンロードできたらツールをインストールして起動する。
    3. Step1
      1. 「Specify name of the output file:」に申請書を保存する場所と名前を指定する(E:\P990i.csrとか)。指定したらNextを押す。
    4. Step2
      1. ACS Pub IDavailable:」は「No」を指定する。
      2. 「Private key file:」には先ほど作成したプライベートキー(mykey.key)を指定する。
      3. 「Private key file password:」にはキーを作成したときのパスワードを入力する。(ここで適当なキー名と場所を指定するとプライベートキーを作成できる。その場合Verify passwordフィールドに確認用パスワードを入力する必要がある。)
      4. 設定が完了したらNextを押す。
    5. Step3
      1. ※が付いているフィールドを全て埋める。入力できたらNextを押す。
    6. Step4
      1. 「IMEI(s):」に開発者証明書を使用したいデバイスのIMEI(ハイフン不要)を入力する。なお、P990i(M600iも?)では電話モードで「*#06#」を入力すると表示される。
      2. 「Application Capabilities」に追加したいケイパビリティをAddを押して右のフィールドへ移動させる。
      3. 設定が完了したらNextを押す。
    7. Step5
      1. 入力データの一覧が表示されるので、確認できたらFinishを押す。これで最初に設定したフォルダに開発者証明書申請書(P990i.csr)が作成される。
  3. 開発者証明書申請書をSymbianSignedに提出して開発者証明書(P990i.cer)を取得する。
    1. SymbianSignedのアカウントを取得する。画面左の「Register」から登録できる。
    2. ログインできたら「Request DevCert」を選択する。
    3. 開発者証明書申請書(P990i.csr)を設定して、Sendを押す。
    4. 成功すると画面に有効期限等の情報が表示され開発者証明書(P990i.cer)*5がダウンロードできるようになる。以降は「View DevCert」からいつでもダウンロードできる。


以上が開発者証明書の入手方法です。なお実際にSISに開発者証明書を付加するときは「開発者証明書(P990i.cer)」と「プライベートキー(mykey.key)」と「キー作成時のパスワード」が必要になり、SignSISツールを使用することになります。MakeKeysやSignSISはSDKのドキュメントに載っているので、詳しい使用方法はそちらを参照してください。

*1:Local Services,Location,Network Services,Power Management,ProtServ,Read User Data,Surroundings DD,SW Event,User Environment,Write User Data

*2:Read Device Data,Trusted UI,Write Device Data

*3:All Files,CommDD,Disk Admin,DRM,MultimediaDD,Network Control,TCB

*4:追記:SymbianSignedのデザインが変わったのでこれ以降のレイアウト的な指示は間違っているかもしれません。

*5:ファイル名は申請書の名前を元に付けられる